読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメなおっさんと呼ばれたくて

意識低い系転職エージェントのおっさんの日常

ダメなおっさんと呼ばれたくて

はじめまして、ジエイ高田です。

 

意識低い系転職エージェント(自称)のおっさんです。

最近ブログを書き始めました。

まずは、自己紹介をしたいと思います。 

 

~自己紹介~

性別:おっさん

職業:意識低い系転職エージェント

夢:「ダメなおっさんだなぁ」と言われながら、のんべんだらりと生きていきたい

 

意識低い!って早速思った人も多いでしょう。

でもね、ちゃんとした人だって思われ続けるのって、結構しんどいんですよ(笑)

私が、『あぁ、ダメなおっさんになりたい』、そう思い始めたのは、忘れもしません新卒1年目の頃でした(早い)

 

~社会人になってから~

私は新卒から人材紹介業(転職エージェント)をやっています。

この業界の売り文句はやはり「スピード感のあるキャリアアップ」「成長」「独立支援」といった謳い文句の多い業界です。

実際に早期にキャリアアップする人も多いとは思います。

 

入社前の私も思っていました。

早く成長して、売り上げ立てられるようになって、仕事の時間を短くするんだ!

給料も上がって、仕事の時間も短くできたらサイコーじゃん!!

 

・・・社会を知らないが故の甘い、甘すぎる見通し

今思うと恥ずかしい限りですw

 

さて、こんな状態で入社し、けっこう頑張りました。

朝は定時の2時間前出社、夜は大体終電ぐらいまで。

(今になって思いますが、新卒にこれだけ仕事させてるのって・・・)

 

もちろん、心の中で思うことは、ただ一つ

 このまま数年頑張って力をつければ、短時間で売り上げをたてられる、そうすれば勤務時間を短くできるんだ!

ってゆうか、あわよくば、超アーリーリタイアみたいなこともできんじゃね?www

・・・と 

~悟りを開くまで~

ところが、ある日冷静になって周りを見渡して、気が付きます。

 

あれ・・・なんかみんな帰り遅くない?

っていうか、トップ営業マンほど帰り遅くない?

課長はいる、もしかして部長も・・・いる!

 

ということは

・・・あれ、もしかして数年、十数年頑張っても、できる人ほど帰りって遅くなってるんじゃない?

 

ここで悟ります。

なるほど、仕事を早く終わらせられるようになっても、勤務の時間を短くすることはできない。

また、周りからの期待値が上がるほど仕事が増える。

むしろ、努力をすればするほど、仕事の負担は増える一方なんじゃないか。

 

・・・それならば、僕はダメなおっさんになろう!

 期待値そこそこ、適度に仕事をこなし、そこそこにキャリアアップを目指す。

そんな働き方もあってもいいんじゃないか、そう思うようになりました。

 

以上が僕の自己紹介です。

私のブログでは、そういうゆるーい働き方や転職(一応、本業たエージェントなもので)に関してや、その他日常についてをゆるーく書いていきたいと思います。

 

次回は、私が悟った「なぜ、勤務が短くならないか」の考察ついてを書きたいと思います。